入会前に知っておきたいゴルフ会員権の預託金と入会預託金の違いとは?!

ゴルフ会員権には、預託金と入会預託金がありますが、皆さんはその違いをしっかり理解できているでしょうか?入会前に知っておくと入会時に理解しやすく役立ちます。ここでは、預託金と入会預託金の違いをご紹介します。

ゴルフ会員権の預託金と入会預託金の違いについて

ゴルフ会員権

預託金とは?

会員制ゴルフ場では、ゴルフ場を造る際にゴルフ場の会員を新規募集します。日本国内では預託金会員制クラブが大半を占めており、新たに入会する人は一定金額をゴルフ場に預ける事が必要になっています。この条件によって入会者本人はゴルフ場を優先的に利用する権利を得られ、そこのゴルフ場会員になれるシステムを採用しています。このゴルフ場に預けたお金の事を預託金と言います。どのゴルフ場でも約10~20年間ゴルフ場で預かり退会した時に返金、預けている期間は会員としてプレー可能、預託金は無利子等の条件が一般的に付いています。
この預託金制度によって、ゴルフ場は工事を開始する前にコース造成費用を得る事ができていたのですが、現在では法律でコース完成前に会員募集を行う事は禁じられています。もし造成前に募集する場合には、保証金を一定金額預ける事が条件となっています。

会員募集の際に支払う金額

会員募集の際に支払う金額は、基本的に払い切りとなる入会金、期間経過後に返金してもらう事ができる預託金、この2つに分類されます。通常、会員権証券には預託金額が大体記載されています。ゴルフ場の中には稀に入会金と預託金が合算されていたり、預託金の金額記載が無かったりする事もあります。会員募集方法には、初めは特別縁故募集等の名称で募集開始し、その後は、一次募集・二次募集と募集を区切りながら、入会金と預託金を段階的にアップしていく事が一般的となっています。なので、同じ会員権でも異なる預託金額が存在します。

預託金を返してもらう権利

預託金を返してもらう権利を預託金返還請求権と言い、全会員はその権利を保有しています。会員としてゴルフ場を優先利用できる優先的利用権と預託金返還請求権はセットになっており、預託金制ゴルフ会員権を売買すると言う事は、このセットを売買している事になります。預託金を返金してもらうには、ゴルフ場が定める据置期間経過後に退会する事で返還してもらえるシステムになっています。この場合の退会と言うのは、優先的利用権をゴルフ場に返す事を意味します。一部のゴルフ場では入会預託金制度が導入されており、この制度は、ゴルフ場に入会者が入会する際に預託して、退会時に返却を受ける預託金で、基本的預託金とは別ものになります。

国内ゴルフ場の殆どは預託金会員制度

国内のゴルフ場では、殆どがこの預託金会員制度によって運営が行われています。この制度は、会員権市場での相場金額が預託金額を必ず上回る事が前提で考案された制度です。なので、同じ会員権でも預託金額が異なる場合でも、相場金額がそれぞれの預託金額よりも上回っていたり、上回り続ける予測が立ったりする場合、会員権市場では同等に取り扱われます。
例えば、預託金額が100万円や200万円の同ゴルフ場会員権では、会員権市場相場が1,000万円であれば相場上は預託金額の差は無視されますが、預託金額が100万円と2,000万円の同ゴルフ場会員権では、100万円が1,000万円の相場でも、2,000万円はそれより高い相場になるのが一般的です。

最近の預託金事情

最近は、ゴルフ場会員の預託金が無くなって、優先的利用権のみの会員権が登場してきています。これは、一般的にプレー会員権と言われており、通常会員権同様に売買が行われています。預託金制ゴルフ場と言うのは、預託金によって会員とゴルフ場が金銭的な密接関係を保っている形態になります。しかし、プレー会員権では預託金返還義務は無いのが特徴です。

入会預託金とは?

入会預託金は、ゴルフ場へ入会する際に支払う名義書換料とは別のものです。ゴルフ場に入会者が入会する際に預託して、退会する際に返却を受ける事のできる預託金を指します。ゴルフ場によっては、名変預託金と言われる事もあります。

ゴルフ場のメンテナンス費用に充てられている

この預託金制度と言うのは、昨今多くのゴルフ場で導入するようになっており、この制度が採用されている目的は、クラブハウス改築やコース改造等のまとまったメンテナンス費用の捻出目的で導入されています。ゴルフ場側としては、入会者に入会時に預託してもらったお金を退会時に返却しないといけませんが、退会してもまた新たに入会する人がいるので、預託金が再び補充される事になります。ある程度の措置期間は必要になりますが、まとまった資金を収集する事ができ、基本的に預託金は無利息なので長期的に安定した財源となっています。
一方、集まった資金と言うのは工事費等のゴルフ場の初計画したものに向けて使用されます。なので、当然ゴルフ場としての資金は目減りします。そのままにしておけば、入会預託金制度をいつまでも継続しなくてはならず、また数十年後に再びクラブ改築等で大きな資金が必要になった場合には、入会預託金額を値上げする等して対応しなければならないので、悪循環になってしまう事への改善策も取り組まれています。

入会預託金の改善策

現在、様々なゴルフ場では営業収入等によって資金の目減り分を埋め合わせたり、使用分の補填終了後に入会預託金制度を廃止したりする姿勢に変わってきています。また、実際に入会預託金制度を廃止したり、預託金額を減額したりしているゴルフ場もあります。入会預託金制度によってゴルフの場は容易に多額の資金を集める事ができ、制度導入で多くのゴルフ場では使用目的をしっかり明確にしていますが、稀に導入目的が不明瞭な場合もあり、自分が入会するゴルフ場を選ぶ際の大事なチェック項目にもなります。

最近の入会預託金事情

最近は、ゴルフ場によっては入会預託金制度を預託金返還へ充当する資金準備として導入している傾向が多く見受けられます。また、制度の会則変更等によって預託金と合算して、退会する際に返却するのではなく、所定の期間が経過した後に返却したゴルフ場の例もあります。ゴルフ会員権の相場に対しては、入会預託金制度が導入される事で金額分相場が下がり、逆に金額値下げや廃止等の場合には相場がアップする傾向が見られます。

入会預託金と預託金の違い

入会預託金と言うのは、預託金制ゴルフ会員権証券に記載されている預託金とは別のものになります。この証券に記載されている預託金は、ゴルフ場を造る際に新たな会員を募集する際に、ゴルフ場に預託した預託金を指します。所定の措置期間を経た後に所有者にお金が返却されるシステムになっています。

入会預託金は返金可・預託金は返金不可

預託金制ゴルフ会員権の売買と言うのは、預託金返還請求権とゴルフ場会員として利用する事ができる先利用権を、譲渡人から譲受人に売買する事です。入会預託金とは違って、預託金は次から次へと言うように新会員に引き継がれていくものになっています。なので、ゴルフ場からこの預託金を返還してもらう事は、ゴルフ場会員として利用する事ができる権利そのものをゴルフ場に返却する事になります。よって、預託金を返してもらって会員権を他の人に売却する事はできません。